このブログについて

主に高山先生作品について記事を書きます。

Twitterは気軽にツイートできますが長文を投稿するのはブログのほうが向いていると考え開設しました。

稚拙な文章になるかと思いますがよろしくお願いします。